吉祥寺は何の街?

住みやすい街??のんのんただいまJRのホームにおります。私的には『膣が痛い街』と呼んでいます。何年か前も久々に吉祥寺でエッチして、その人がでかくてヒリヒリしながら吉祥寺にいたなぁ〜と。まあ健全な街なのでそこはご理解してください。

※このブログはセフレよりも奴隷みたいな扱いを受けている女の子の悲しいブログです。

 

 

 

今日は面接が府中であって「遠いわ」とか思いながら、向かう。面接の日程を選ぶことが出来るので、サークルがある日にかぶせた。予定として大学→府中→昔のキャンパスって移動すれば、完璧なのでは?と言うことにした。府中は初めて行った。会社は晴海にある。近いのは北府中という駅。降りると、静かになった東芝が佇んでいた。青梅も閉鎖されて活気がなくなったらしいね、なんかこういうのって、寂しくなるよね。

 

 

 

面接を終え、昔のキャンパスへ。四か月前にもサークルの練習できた。久しぶりだ。少し時間が経ち飲み屋へ。新歓の練習だったが1.2.3年生はガストに行ったのかと。今日は年齢確認をされたらしい。なので別れて4年生と先輩で飲む。8人ほどいただろうか…みんな来すぎでは?(人のこと言えない)

 

そして2.3年生と合流するために居酒屋を移動。1年生は帰ってしまったらしい。この時22:30。帰るのめんどくさくなってきたなあ〜。お開きになる。友達に連絡するか、ダメだったらホテルでも行くか。岩盤浴でもいいな、とか考えてると、サークルの先輩Oがみんなに見えないように脚を触ってくる。

「くる?」

悪魔の囁きだ。

「どうしようかな」

ここ可愛く言えないよね

「じゃあおいで」

と言うことでみんなが周りにいないか、ホームの反対側に誰かいないかを確認しながら吉祥寺行きの電車に乗る。

 

「いや〜ほんと良かった。今日すげえしたくて五人(セフレ?)に連絡したけど、みんなダメでさ。そんな時にお前が居るんだよな」

 

惨めじゃないですか?とても。こんなこと言われちゃってるからねワタシ

 

「お前は貴重な中出し要員だからな」

 

どーも要員です。ちっす。

 

「ナイスタイミングだな私」

「いやほんとそれ。今日どう言う風にしよっかな〜アロマ焚こう。ロウソク垂らしてみよっか?」

 

とニヤケながら言う姿にもキュンとしてしまう。哀れだ

 

「てかさっき…ガールズバー行きたいって言ってたけど…楽しいの?」

「ブスもいるけど、たまに行くけど楽しいよ。呼んだらヤれるしな」

 

哀れな女どもだ。私は!サークルの!!後輩!!!って…全然いばれないよな〜

 

「てかちょっと部屋掃除するから、コンビニでなんか飯買っといてくれない?」

「何でもいいの?」

「任せるわ、一発やったら食うわ」

 

とのことでコンビニで暫く時間を潰すためにローソンへ。なんと、トイレが故障とのこと。急いでちがうコンビニのトイレへ。少し毛の処理が甘かったので(相手は生粋のパイパン好き)完璧にしてから家に向かう。 ドアを開けて中に入る。

 

「あ〜しまったあ、ティッシュがねえ」

 

とのことだったのでダッシュでコンビニへ行き、4つ入ってる箱ティッシュを買う。久しぶりにダッシュしたよ。この基本歩き回りたくない私が…それほど早くしたかったという私の思いが伝わるだろうか。

急いで帰ってくると微妙に暑い。

 

「暑くない?」

「いや、全裸になれば大丈夫。全裸は涼しいよ。俺全裸で待ってるから早くベッド来てくれない?」

 

雰囲気なんて全くない。けど、それもまた良しなのである。

 

「今日はさ、乳首めっちゃ攻めてくれない?」

 

いつもやんとか思いながら攻める。乳首が狭く、アロマを焚いてるのみなので(結局)、暗く認識がしづらい。甘噛みは好きではないと言うことを初めて知ったので優しく攻める。暗くて見えないがヒットすれば「やべえ最高だわ」とか言ってるので可愛らしい。。そしてギャランドゥーへ。はぁほんとにこれ見ただけではぁはぁする。素敵すぎるギャランドゥー。ほんとにもうエロスを感じるよね。大好きぺろぺろ。そしてフェラをしている、相変わらず喘いでいてかわいい。録音したかったわ。今日はそこまで飲んでないから最初からまあま勃ってる状態だった。交代。相変わらずうまい。久しぶりすぎたので挿入を促す。前戯も当たり前に気持ちいいのだが、早くぶち込んでほしいと言う思いが募る。少し短すぎただろうか、濡れが足りないかな?もちろん濡れているが、もう少し濡れさせても良かったかな。挿入。はぁ〜なんか今日は硬さがちょっと甘めかな?まぁでも久々のOの陰茎なので有り難すぎる。女子が寝転んでいてそこから見える結合部分って、とても萌えない?でも見すぎると二重アゴになるので注意。いつもより快感は少なめだったが、それでも良いものだった。耳を舐められるとありえん興奮する。

 

「ヤベェ行きそう、どこがいい?」

「え、口!」

「あーでも無理このままがいい、どこがいい?」

「ナカかなぁ」

 

いやなぜ聞いた??今日もAFしていいか聞かれたので無理と答えるとケチと言われた。そうか、私はケチなのか……ケチかな??

 

やる前に

「私って緩いの?」

と素朴な疑問を投げかけると

「う〜ん0-10で10が緩いとすると7くらいかな?」

「え、そうなんだ…」

 

やったあと

「やっぱり緩い?」

「いや案外キツかった!だから4をあげよう」

「????」

 

そう、この人はなんか私とやったことを細かく覚えていないのである。私は基本何でも覚えてる、攻め方、前戯の仕方、乳首の数、ギャランドゥー、なのにこの人は…前も案外とか言っときながら、どんだけ忘れるんや???

 

 

今日は二回やりたいという意思を最初に告げたが、どうなることやら。早めに飲み会を解散したため、サックスが終わったのも1時と早めだ。一緒にfuluでトリックを見たが内容がいまいち理解できなかった。眠いけどこれ終わったら二回戦できるかな?と思いながら2時間トリックを見続ける。終わった。次はどうやら違うのをみるらしい。諦めて寝ることにした。

 起きると13時。この人の家だと爆睡できるためその日が潰れないため良い。寝れない人だと大変だからさ

 

 

今日のセックスは、少し濡れが甘かった。もう少し時間をかければ良かった。勃ちもそこまでギンギンの状態でなかったのが残念だなと認識。あと二回できたらいいのになぁ。中央線に揺られながら今日のセックスを思いだししてニヤニヤしている。というか放心状態になっている。やっぱり私はセックスが好き。