読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お腹痛いの?

ホストは卒業したわたくしめですが😅題名変えたら更新できるな????!と思い更新。まぁホストはもうすぐで2週間行ってないですよ。記録達成かな???前は昼まで飲むとかアフターばんばんしてたけど最近疲れちゃって無理です。関節痛くなっちゃう、、。わたしのブログを辞めると言ったら悲しんだとか寂しいとかコメントありがとうございます。これからはお金も大事にすることにしました。一万円。でちがうなにかが出来ることを思い出しました。一年ぶりに。「1時間1万?安い安い!行く行く」なんてやめます。そしてまたこれを覗いてくれてほんとに嬉しい限り。わたしの妄想並みの世界と文章で読みづらいかもしれないけど今後もご贔屓お願いします。感動するようなことをこれからも書いてきますっっ!!!!!書いてて虚しくなるとき多々あるよ。なにやってんだろとかね。でもおもしろいのでブログ書くの。これからはヤったらブログかいていこ

 

 

 

 

 

 

 

時はKとバイバイしたあたりに戻る。電車でチューしてくれて舞い上がったわたし。するとそのあと違うホストからごはん食べ行こうと誘われる。いやでも私は卒業した身……けどごはんだけなら、いいよね!!!!昨日締め日(1ヶ月の結果が出る日、たいてい次の日は休み)だったらしいし、休みだからお店は行かない…なら行っても良いな。ゴー!!!!!新宿へ向かうことに決定

 

 

 

 

15:39 ごはんに誘われる

16:09  いまから1時間くらいしたら着くと言われる

18:32  ついたと言われる

 

いや、、、どんだけ遅いんや。わかりづらいので解説で。

f:id:rich1472580:20161207201213j:image

誘われるも帰り途中。充電もなかった。連絡おそい。なら帰ろうかな。と思ったらやっときた。遅い、、、まぁ言ってあげるか。(何様?)

f:id:rich1472580:20161207201215j:image

この時点であと1時間宣言。なら満喫かどっかに入って充電しよーかな。まぁ寝れるしホテルに入る。

 

f:id:rich1472580:20161208001223j:image

 

 

この辺りからゆっくりでいいよしか言わない

f:id:rich1472580:20161207201353j:image

おせぇわ!

 

 

ちなみに、ホテルは知り合いと入った。と言うのも私は時間を持て余していたしあちらも持て余していたしまぁ好都合?寝れるし充電できるしいいことづくしやな〜ということで入室。彼は仲がいいスカウトなのである。とりあえず一言目にソープ行こ?しか言わない、まぁ鬼畜。ソープ稼げるから誘うのもわかるが。。ちなみに顔もそこまでかっこよくない。時間つぶしにはちょうどいいくらい。このあとホストとご飯だし楽しみるんるーん

 

 

 

 

確か同い年くらいの大学生。シャワー浴びてるのをテレビ見たりしながら待つ。あと20分くらいで1時間かぁ。来るかな?時間を気にするも、連絡はあまり帰ってこない。ま、そんなもんか、気楽に待つか。スカウトの名前はY。やたらと頭を撫でてくる。触んな。

「てか胸でかいね。」

「はぁ??」

「俺がお店選んであげるから」

と訳わからないことを言いながら勝手に揉み出す。まず風俗やらないし余計なお世話じゃ。とか言いつつも、最近は11/12日にポッキーゲームしながらしたのと、11/4にアナル舐め下手くそ男としたくらい…まあまあご無沙汰だし時間もある。気分も乗ってきたしするかぁ〜と思うもののひたすら胸揉んでるなこいつ、なにが楽しいの。

「う〜ん、ソープがいいよ!」

「ふふ…それしか言わないね。なら講習しよ♡」

なんだかノリノリなってきた。けど前戯短め・キスは割と長め。決まり文句は「舌出して」これ言われるとまぁまぁ萌えるよね。向かい合って座りながらするの好き。そのまま寝バック。てか寝バック初めてなんだよな、とか思うと挿れられるもなんとも届かない。どうやら半勃ち。え?なんで?!

「眠いし気持ちいいしあったかいし寝そう」

いや寝バック中に寝るのか、と思いつつ寝不足らしいのでかわいそうに思いなんとかイカせて終了。携帯を見るも、まだホストはこなさそうだ。1時間経ってるし!満喫じゃなくてホテルで良かった。

「ね〜めっちゃ気持ちよかった。もう1回講習しよ?」

「講習かぁ〜でも時間微妙。連絡まだだし」

「いいから」

と言い2回戦。何回でも出来るなこりゃ。久々だし楽しい〜!!!!!!バック:正常位=8:2くらい?どんだけ顔見たくないんやとか思いつつ続行。お次は騎乗位。う〜ん、やっぱり半勃ち!!!でも久しぶりだからめっちゃ気持ちいいわ。半勃ち陰茎に興奮してる私、まことに残念女である。やばくない?半勃ちって。寝不足でも半勃ちなる?あんまり攻めるのも申し訳ないから言えないけど、半勃ち。ちょっと左に曲がってるし。いやもう、陰茎あればなんでもいいや。家賃なんかどうでもよくなってきた。半勃ちんこのおかげでまともな思考に戻ってきたぞ。

ちゃららら〜んちゃらららら〜ん

「あっ電話だ…」

LINE電話を想像してほしい。

「ちょ……っと、1回……抜いていい?」

「え?だめ。このまま」

まじかよと思い電話にでる18:36の電話ね

 

 

 

 

 

わたし「は……ぃ」

ホスト「あ、もしも〜し!」

わたし「ぅん……?!あっ……ん……ど…どぅした…はぁ……の?」

 

 

 

大学の1番仲良い男友達もブログを読んでいるのにもかかわらず、頑張って更新している私を褒めていただきたい。ほんとはもっと頑張れるけどさすがに照れる

 

 

 

ホスト「遅くなってごめんね。いまね風林会館!どこいる?」

わたし「ぇ……っとぉ……はぁ…はぁ…ってちょ…………ス…スコール(喫茶店)…かなぁ?んん…」

ホスト「了解〜!て、どうしたの?お腹痛いの?」

わたし「そぅ……お腹…いた…ぃの!はぁ…はぁ……」

ホスト「大丈夫?待ってるね」

 

 

 

 

ホテルで騎乗位しながら電話してたらお腹痛いの?って。いやまぁ下半身はなんとも言えない状況だが。まぁでもお腹痛いことにしよう。半勃ちで興奮してたことは忘れよう。一生の恥である。久しぶりだったからねしょーがない。自分に言い聞かせ約束の場所に向かう。お店に連れていかれそうになったがちゃんと断った。帰り道にサークルの後輩に会ったので飲みに行くことにした。歌舞伎町を歩くと知り合いや顔見知りを見かける。いつもと違うメンバーで歩くことはなんだか違和感を感じる。いつ行っても違う一面を見せてくれる町だ。